blanc

自然免疫と獲得免疫

line

自然免疫

免疫細胞による「自然免疫」とは、さまざまなセンサー(受容体)で細菌やウイルスなどの異物を感知し捕捉する、好中球やマクロファージ、樹状細胞などの食細胞の働きで、異物を貪食処理、あるいはNK細胞が破壊処理するシステムです。さまざまなセンサーで捕捉しますので、記憶に頼らず初めての異物にも対応できます。

「自然免疫」における樹状細胞やマクロファージの抗原提示(異物の侵入を他の免疫細胞に伝える作業)により「獲得免疫」における免疫細胞の活性化が図られることになりますし、「獲得免疫」は「自然免疫」をすり抜けた異物を処理するシステムでもありますので、「自然免疫」と「獲得免疫」は力を合わせてカラダの恒常性を保持していると言えます。

自然免疫

line

獲得免疫

カラダに侵入してきた異物を第一次的に防御するシステムが「自然免疫」なら、そのシステムをすり抜けてきた異物に対応するのが第二次防御システムである「獲得免疫」です。「獲得免疫」における免疫細胞は特定の異物に反応するレセプターしか持っていないのですが、記憶能力があるため、すぐに抗体を作り対応する迅速性があります。

細胞性免疫

第一次防御システムである「自然免疫」をすり抜けてきたウイルスなどの異物を捉えた樹状細胞やマクロファージがその異物(抗原)に対するレセプターを持ったキラーT細胞に侵入情報を伝え、活性化したキラーT細胞(CTL)が異物を攻撃破壊するシステムと、樹状細胞やマクロファージから情報を伝えられたヘルパーT細胞(Th1)がサイトカインによりマクロファージを活性化させて貪食処理が行われるシステムの両システムを合わせて「細胞性免疫」と言います。

一部のT細胞は「メモリーT細胞」となって、異物の情報を記憶し、これから侵入してくるであろう同じ異物に攻撃を加えるべく備えます。

細胞性免疫

細胞性免疫

液性免疫

「液性免疫」は抗体をB細胞が作る免疫システムで、樹状細胞やマクロファージから情報を伝えられたヘルパーT細胞(Th2)がサイトカインによりB細胞を活性化、B細胞が異物と合体して食細胞に食べられやすい形に変化したり(オプソニン化)、ウイルスそのものを無能化したり(中和抗体)して、カラダの恒常性を保持するシステムです。

一部のB細胞は「メモリーB細胞」となって、異物の情報を記憶し、これから侵入してくるであろう同じ異物に対する抗体を迅速に産生すべく備えます。

液性免疫

line

クレール・コンサルタント