blanc

免疫の基礎知識

line

免疫とは

免疫とは、元々自分のカラダにはない細菌やウイルス、癌細胞などの「異物」を攻撃して無能力化する体内のシステムです。生まれながらにして持っている免疫システム(自然免疫)と後天的に得られる免疫システム(獲得免疫)があります。

line

免疫の仕組

骨髄(骨の中芯)にある造血幹細胞はさまざまな免疫細胞に変化し、一部胸腺でパワーアップした後、血管やリンパ管を通じてカラダ全体に広がっていきます。それらの免疫細胞が異物を除去することでカラダの恒常性(ホメオスタシス)を維持してくれるのです。

line

リンパシステム

リンパシステムは体内の免疫にとって非常に重要な機能を持っています。

リンパ循環系では、骨髄や胸腺で産まれて血管を通って運ばれた免疫細胞が、一部血管からしみ出してリンパ管に吸収され、カラダ中を駆け巡ることになります。リンパ管にはところどころリンパ節と呼ばれる処理施設があり、ウイルスなどはここで免疫細胞に処理されます。残りかすなどは再度血管に戻って肝臓で無毒化された後、体外に排出されます。

多くの免疫細胞が働いている小腸には、パイエル板という特殊な組織があり、カラダにとって異物ともいえる食物に対して免疫反応が起こらない仕組となっています(経口トレランス:経口免疫寛容)。

line

クレール・コンサルタント