blanc

犬の運動の原理原則

line

運動の原理

原理」とは、「こうすればこうなります」という、運動のやり方とその結果です。

過負荷の原理

やや強めの負荷を与えることでカラダは作られる、という原理です。

特異性の原理

運動の種類や強度によって犬のカラダに与える効果は異なる、という原理です。

可逆性の原理

運動を継続することで、健康なカラダが維持できる、という原理です。


運動の原則

原則」とは、「こうなるからこうしましょう」という、結果を導く運動のやり方です。

全面性の原則

筋肉や関節、神経など連携する機能を維持するためには、全身のバランスを考えて運動させましょう。

個別性の原則

犬の成長ステージや障害のレベルを考慮した上で、負荷と免荷のバランスを考えて運動させましょう。

漸進性の原則

運動をやらせる時は、強度の低い、時間の短い、頻度が少ないところから始めて、少しずつ負荷を増やしていきましょう。

反復性の原則

運動の効果を持続させるためには、継続させることを心掛けましょう。

享楽性の原則

犬は自分の意思で運動をやろうとしているわけではありません。犬が人と楽しむ享楽の環境を作り出してやりましょう。

運動の基礎科学

line

クレール・コンサルタント