blanc

犬の椎間板ヘルニア

line

犬の脊椎首から尻尾までつながっている骨ひとつひとつを椎骨といい、まとめて脊椎といいます。脊椎はカラダの中心となる骨格で、その中を脊髄という脳から手足などに指令を伝える神経の束が腰のあたりまで通っています。通常は、硬い骨である椎骨が、その中を通る軟らかい脊髄を保護するようになっているのですが、椎間板ヘルニアになると、その保護機能が失われて痛みが出てしまうのです。

犬の脊髄椎骨は上部(背中の方)にある椎弓という屋根のような骨とその下(腹部の方)にある椎体という筒状の骨でできています。椎弓と椎体の隙間は椎孔と呼ばれていて、その椎孔の穴が連続してホースのようになった形を脊柱管といいます。そこを脊髄が通っています。

椎体と椎体の間には、ゼリーのような髄核とコラーゲンでできた線維輪で構成される「椎間板」というクッションがはさまっています。椎間板ヘルニアは、この椎間板が変形あるいは椎間板の中から髄核が飛び出して、上部(背側)にある脊髄を刺激するため痛みが生じる病気です。

下記の犬種は椎間板ヘルニアになりやすいとされています。

【軟骨異栄養性犬種】

ダックス・コーギー・フレブル・トイプー・シーズー・パピヨン・チワワ・ヨーキー・ビーグル・ペキニーズ・ラサアプソ・コッカー・パグ・バセット・ポメラニアン・キャバリア・ジャックラッセル

line

背中への負荷

椎間板はクッションですので、背中が動くと椎間板に負荷が掛かります。日常のゆるやかな動作であれば問題はないのですが、強い圧縮を加えると変形してしまう可能性が高いのです。

人が腰をかがめて重いものを持ち上げようとした時に、ぎっくり腰になることがあります、この時、椎間板ヘルニアがぎっくり腰の原因となっている場合があります。前かがみの状態では、腰部の椎間板は腹側がつぶれて背側に膨らんだ形になっています。その時にさらに椎間板をつぶすような強い力が加わると背側が膨らみ過ぎてしまい、ヘルニアが生じるのです。人の椎間板ヘルニアで、腰を伸ばしてやれば痛みが和らぐのは、押しつぶされた椎間板を元に戻すからなのです。

line

人と犬の椎間板ヘルニア

ところが、人と犬では症状に妙な違いがあります。人は椎間板ヘルニアになると、背中を伸ばす姿勢で痛みをとろうとするのですが、犬は背中が丸くなるというのです。人の脊柱管狭窄症の症状に似ていますが、MRIなどでの診断結果は「ヘルニア」となっているケースが多いのです。私はたくさんの患犬を見たことがあるわけではありませんが、なぜ、人と犬でこんな違いが出るのか不思議に思っています。

犬は人よりもカラダ全体が丸まります(腹側に屈曲)ので、そもそも椎間関節(椎骨と椎骨の間)の可動域が広いのかもしれませんし、犬の場合、前肢を持ち上げて抱っこしようとしたり、何かを飛び越えようとしたりした時にヘルニアになりやすいようですので、人と異なり、前かがみよりも後ろに反る姿勢の方がヘルニアの原因となる何かがあるのかもしれません(誰かご存知の方は教えてください)。

line

椎間板ヘルニアと運動

髄核は、軟骨同様、神経もなければ血管も通っていません。そしてその栄養補給は運動による伸縮に頼っています。ヘルニアが怖くて運動させないような過度の心配は、決して犬のためにはならないので注意が必要です。

椎間板ヘルニアと診断されても、グレード(損傷の程度)が低い場合は、外科手術をせずに保存療法(経過観察)を選択する場合があります。そんな時でも、段差がきわめて低い階段をゆっくりと上り下りさせる運動は、やらせた方が良いのではないかと考えています。また、最長筋や棘筋などの背中の筋肉を強くしなやかにする運動として、海外では、椎間板への衝撃の少ないスイミング(ウォーターセラピー)がよく利用されていますが、タイミングは間違わないようにしましょう。

line

クレール・コンサルタント