ウィジードッグクラブ

犬のしつけと訓練

line

みなさん、こんなリード、使っていませんか?

フレキシブルリード通称「フレキシブルリード」と呼ばれるこのリードは、長さを1m程度からモノによっては約10mまでのレンジで任意に伸び縮みさせることができるものです。使われたことのある方も多いかもしれませんね。扱いに慣れれば、愛犬を広々とした公園などで走らせて遊ばせる時など、犬にとってすこぶる快適に利用することができます。
私たちが主催するしつけ教室にも、このフレキシブルリードを付けてくる人は多くいらっしゃいますので、普段の散歩でも愛用されているのでしょう。

このリード、犬にとって快適に思える反面、いろいろなリスクもはらんでいます。今回は、フレキシブルリードを使用する際の注意点を意識していただくきっかけになれば、と思い、書かせていただきました。

事故の可能性

フレキシブルリードは、ロックをかけない限り、犬の動きに合わせて伸びていってしまいます。伸びる速度は速いのですが、縮めるには少し時間がかかります。愛犬が、他の犬や人、車やバイクなどに反応し、一気に接近した結果、事故が発生してしまった、という事例が多く報告されています。日常のしつけで、興奮グセが改善していれば防ぐことができるかもしれませんが、過去には、夜に伸び切ったリードの上を自転車が通ってしまい、人も犬もケガをしたという事故もありました。

また、フレキシブルリードの問題点として、リードを持つ部分がプラスチックの大きな塊であるため、片手の自由度が制限されてしまうという問題点があります。これにより、リードを短く持ち直したりする対応ができずに、急な引っ張りが発生したときに手からリードが離れてしまう可能性も高いのです。飼い主が転んだ時は、両手で受け身を取ることも難しくなるでしょう。

さらに、あわてた時には、伸びてしまうひもの部分を手で抑えてしまいがち……。これで飼い主の手のひらがキレてしまったケースもありました。

しつけの観点から

散歩中の引っ張りに困っている飼い主には、リードの持ち方や固定の仕方などを指導することが多いのですが、フレキシブルリードを使用すると、どうしてもリードによるコントロールができず、犬が散歩中に、飼い主に意識を向けることなくどんどん先へ行ってしまいます。これは犬を自由にさせる快適さがはらむしつけ面での大きなマイナスであり、引っ張りを助長させてしまう原因となります。案外多く見受けられるケースなのです。

画像

犬の喜ぶ顔を見ることができる快適なリードなのでしょうから、どんな時でもどんな場所でも使用すべきではない、とは申し上げませんが、事故を回避するためには、車通りや人通りが少なからずあるような場所、あるいはナイトウォーキングで、いつどこから何が出てくるかわからないようなシチュエーションなどでは、できるだけ使用しないのが賢明だと思います。また、問題行動を発生させないためには、家を出てから家に帰りつくまでフレキシブルリードだけで散歩させるのではなく、散歩中の多くの時間はコントロールの時間となるよう、伸びない普通のリードを使用された方が良いのではないかと思います。

プロフ

犬のしつけと訓練

ウィジードッグクラブ